社員インタビュー

自分にできることを探し、チャレンジを続ける毎日

フォーナインズ玉川髙島屋S・C店

三浦

2015年新卒入社。フォーナインズ玉川髙島屋S・C店に配属され、勤務している。新卒入社の社員が研修期間後に選ぶ「OJT(現場での教育)が素晴らしかった先輩」に2年連続で選ばれるなど、公私にわたって後輩に慕われる良き先輩として活躍中。

ものづくりに対する考え方に共感し入社を決める


学生時代は、京都の大学で日本文学を専攻。寺社仏閣、資料館などが身近にある、私にとって最高の環境で充実した学生生活を送ることができました。卒業後は、地元のある関東へ戻ろうと、東京を中心に就職活動を行いました。もともと、ものづくりに興味があって、その中でも生活を豊かにするものに携わりたい、という思いがありそれを軸にしました。それは、好きなものに触れていられることが生きがいにもなるし、何より自分自身が仕事を楽しめると思ったからです。フォーナインズを知ったのは、インターネットで“ものづくり”などのワード検索の結果で出てきたことがきっかけです。会社説明会に参加して、ものづくりの考え方や取り組み方が個性的で勢いがある、そんな印象を受けました。また、選考中も、たくさんいる学生の一部というより、一個人として向き合ってもらえました。正直、接客をすることに苦手意識を持っていましたが、できないことにあえて挑戦してみるのもいいと考えて、入社を決めました。

成長するほど、お客様に「喜んでいただくこと」が増える「喜び」


入社後、研修期間を経て、店頭で接客するようになりました。いざお話ししてみると怖くて、うまく言えなかったらどうしよう、という不安になることばかり考えていました。実際にお客様からご指摘を受けたり、伝えたいことが正確にお伝えできなかった時は、その度に落ち込みました。そういった接客の苦手意識を乗り越えたという特別なエピソードはないのですが、思い返すと、私は学ぶことが好きで眼鏡の知識や技術が身についていくことに仕事の喜びを感じていました。そして、身につけたことを活かして接客しているうちに、お客様から「ありがとう」「接客が良かったから買っちゃったよ」と言っていただけることが増えてきて、その経験が自信になったのかなと今では思います。まだまだ、できないことは沢山ありますが、私は現状維持よりも、常に新しいことにチャレンジしたい。だから、できないことがある方が良いと思っていますし、それが999.9(フォーナインズ)のブランド名に込められている0.1の可能性を追い求めることにもつながっているのかなと思います。

新入社員の気持ちになって教えることを心がける


毎年、新入社員のアンケートをとっている中で「OJT(現場での教育)が素晴らしかった先輩社員」として2年連続で選出されて、社員表彰も受けました。なぜ、選んでもらえたのか振り返ってみると、自分が新入社員だった時の気持ちを思い出して、なるべく同じ目線になるように意識していたことが理由の一つではないかと思います。自分自身、社会人になりたての頃は何が分からないのかが分からなかった、という記憶がありました。それを考えると、できないことがあるのは当たり前。だから、できなかったことを怒っても仕方なく、まず、何でそうなったかという原因を知る。「どうしたの?」と声をかけて聞いていくことで、できない状態を私も受け入れて、その後できるようになるために一緒に考えてきたつもりです。できるようになれば褒めますし、何度も間違えれば注意します。だけど、たとえ1年でも上の人から言われることは新入社員にとっては重い言葉になってしまうかもしれない。なるべく感情は入れずに、でも言うべきことは言うように心がけています。今後は、調整や測定など技術面の精度を上げていきたいですし、OJT(現場での教育)だけではなく、新入社員の教育にも引き続き携わっていきたいと考えています。ただ、これから仕事をしていく中で新しく見えてくることもたくさんあると思います。ですから、自分にやれることは全部やりたい気持ちでいます。

休日の過ごし方


美味しいもの探しが大好きです

食べることが大好きなので、休みの日はいろいろなところへ出かけて美味しいものを食べています。写真は同僚に教えて貰ったお店のオムライスです。

他の社員インタビュー